読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日進月歩年跳

東京都内の大学の経済学部に通う大学3年生が、自分の頭の中身を整理するために、経済からIT、リーダシップ論など大学生の視点で書いていきます。

「国際交流」≠「欧米人と英語で話す」ですよ

 こんにちは、あうくばです。

 

大学で、留学生との国際交流を促進する活動をしています。

 

今日も1年生が団体の活動に興味があると、話を聞きに来てくれたんですが、「国際交流」=「欧米人と英語で話す」ものだと思っているようでした。

 

しかし、私の所属する経済学部には、中国をや韓国、東南アジア各国からのアジア系の留学生が多く所属しています。 

 

しかも、短期ではなく4年間、大学で勉強していく留学生は、日本語学校で日本語を勉強してから大学に入るのが一般的です。

 

そのため、日本語で十分コミュニケーションが取れます。

 

なので私たちが日ごろ行っている国際交流は、アジアからの留学生と日本語で話すことになります。

 

 

そんな話を来てくれた1年生にしていると、どうやらちょっと期待外れだったようです。

 

国際交流をできると聞いて、留学生と話す・英語を話すチャンスだと思ってきたんでしょうね。

 

キャンパスの中には欧米からの留学生が集まる場所があるので、彼らにはそこを教えてあげました。

 

 

アジアからの留学生との交流も国際交流ですし、日常の会話や食事からちょっとした文化の違いを見つけたり、考え方の違いに驚いたりすることの楽しさは、アジア人とでも欧米人とでも変わりません。

 

まあ、英語を話すかどうかの違いはあるので、英語が話したい人には大きな問題でしょうが、、、

 

 

では、どうして、「国際交流」=「欧米人と英語で話す」だと思ってしまうのでしょうか?

 

やっぱり、まだまだ欧米に対するあこがれが残ってるんだと思います。

 

アメリカの背中を追って工業を発達させるとか、ヨーロッパのおしゃれなものをとりあえず取り入れるとか。

 

古い考え方ですが。

 

欧米で流行ったものをとりあえず真似しておくようなところにも、こういった気持ちが現れていますね。

 

ピコ太郎の一件がそれに当たると思います。

 

 

しかし、いつまでも欧米に憧れてはいられません。

 

これからはアジアの時代なので。

 

中国やシンガポールだけでなく、インドやフィリピン、インドネシア、タイなど、これからはどんどんアジアの国が発展していきます。

 

いつまでも欧米ばかり見て、欧米の真似事をしていたら、いつの間にか日本はアジア各国に追い抜かれていくはずです。

 

たかだか国際交流に対する考え方の話が、アジアと日本の今後の成長の話に直接関係ないとは思いますが、回りまわって繋がらなくもないかなと思います。

 

 

欧米だけでなく、アジア。

 

そして、南米やアフリカも。

 

今までは、発展のレベルでは日本が勝っていましたが、これからもそうはいきません。

 

そのような時代には、今までの見方ではない見方で、アジアや南米、アフリカを見ていく、そして付き合っていかないといけないと思います。

 

 

そんな変化の小さな小さなきっかけの一つに、自分らの団体の活動が貢献できればと思いました。

 

 

以上よろしくお願いします。